不動産査定とは

不動産査定とは、不動産売却を考えている人が利用するもので、その資産価値を調べることにより、 今後の生活設計の見直しをしたいという人が依頼することが多いようです。 さてそんな不動産査定の方法には3つの種類があります。1つ目は原価法です。 2つ目は収益還元法です。 そして3つ目は取引事例比較法です。

ではまず原価法についてですが、これは土地や一戸建ての査定価格の時に利用されます。 次に収益還元法は、アパートなどの投資物件を査定するときに利用されます。 最後に取引事例比較法は中古物件や住むという前提で行うときに使われる方法になります。

このように、不動産査定方法にはいくつかの方法があり、調べたい物件によって異なってくるのです。 そして不動産査定をする場合には、ほとんどの場合が無料で行うことができます。 しかし、売却が成立したことによって初めて、仲介手数料として料金を取られるので 査定をしている中で料金が発生することというのはほとんどないのです。

しかしもし不安な場合には、事前に査定には費用が発生するのかどうかということを事前に聞いておくことで、 安心して査定をしてもらうことができると思います。 また査定をするということは新しく住宅を購入するとか、借金返済をするなどの色々な理由があると思います。 こうしたことに少しでも役立てる為にも不動産査定についての知識を仕入れることでぜひ有利な不動産査定を勧めていただけたらと思います。